オーストラリア、ワーキングホリデー(ワーホリ)の予算!留学費用の概算

オーストラリア留学

ワーキングホリデー、留学の相談、お問い合わせは
06-6704-5388
メールでのお問い合わせはこちら!迅速対応致します。

無料カウンセリング申し込みはこちら!

ホーム >オーストラリアの留学費用

カンガルー

オーストラリア、ワーキングホリデー留学費用と物価(予算の概算)

オーストラリアへワーキングホリデー(ワーホリ)で行くために、
どの程度のお金を準備できるかで滞在中の生活がかなり変わってきます。

十分な留学予算を確保できないまま、オーストラリアに行っても、毎日働く事になり、 せっかくのオーストラリア生活を満喫できない事になります。

滞在地域や購入する物にもよりますが、オーストラリアの物価は日本と比べて、ほぼ同じくらいと考えて良いでしょう。
以下にオーストラリア、ワーキングホリデーの予算の目安として、滞在都市やアコモデーションのタイプ等の違う3つの条件で,必要となる概算留学費用をご案内します。

①滞在都市:シドニー、 期間:4ヶ月、 滞在方法:ホームステイ1ヶ月 シェアハウス3ヶ月、
学校:平均的な授業料の学校、4ヶ月通学(フルタイム) 

ホームステイ費用 $260×4WEEK=$1040 + 手配料 $250 合計 $1,290
シェアハウス費用 $280×12WEEK=$3,360(City中心部のオウンルーム)
語学学校費用 $350×16WEEK=$5,600(シドニーの一般英語フルタイム)
食費 $120×16WEEK=$1,920(ホームステイ時は昼食のみを外食として計算)
携帯電話 $10×16WEEK=$160
交際費 $100×16WEEK=$1,600
合計 $13,930

②滞在都市:シドニー、 期間:4ヶ月、 滞在方法:ルームシェア4ヶ月、
学校:現状最安値の学校へ4ヶ月通学(フルタイム)超低予算型 

ホームステイ費用 $0
シェアハウス費用 $140×16WEEK=$2,240(City徒歩圏内ルームシェア)
語学学校費用 $170×16WEEK=$2,720(シドニーの最安値学校、フルタイム)
食費 $120×16WEEK=$1,920(昼食を外食として計算)
携帯電話 $10×16WEEK=$160
交際費 $100×16WEEK=$1,600
合計 $8,640

③滞在都市:ケアンズ、期間:4ヶ月、 滞在方法:ホームスティ1ヶ月 シェアハウス3ヶ月、学校:4ヶ月通学(フルタイム)

ホームステイ費用 $240×4WEEK= $960 + 手配料 $220 合計$1,180
シェアハウス費用 $140×16WEEK=$2,240(City徒歩圏内オウンルーム)
語学学校費用 $300×16WEEK=$4,800(ケアンズの一般英語フルタイム)
食費 $120×16WEEK=$1,920(昼食を外食として計算)
携帯電話 $10×16WEEK=$160
交際費 $100×16WEEK=$1,600
合計 $11,900

いかがでしょうか?考えていた以上にお金が必要になると感じた方も多いかもしれません。

①はシドニーという大都市で学校にもしっかり通うタイプのため、少し金額が高くなります。
②はルームシェアでの生活で滞在費用を押さえていますが、プライベートがない状態となります。
③はケアンズという物価の安い都市での生活のため、シドニーと比較して予算が抑えられています。

以上の比較でもわかるように、予算を抑える方法はいくつかあります。 せっかくのオーストラリア生活ですので、できるだけ貯金して、多くの経験をしていただきたいと思うのですが、
どうしても無理という方には・・
オーストラリアでの費用を抑えるポイントをお教えします。

オーストラリア生活、節約のポイント

アコモデーション アコモデーションの相場は都市の大きさにより様々です。
シドニーやメルボルンなどの大都市は高く、 ケアンズのような小規模都市では安く抑える事ができます。
また、一部屋を2人以上で利用するルームシェアではプライベートはなくなるものの、非常に安く住むことができます。
語学学校費用 語学学校を選ぶ際は、キャンペーン中の学校を狙うのも良いです。
10週申し込むと2週間が無料等、その時々で良いキャンペーンをしている学校もあります。
シドニーでは語学学校の数も多く、授業料の高い学校から安い学校まで幅広くあるため、授業の内容よりも価格優先であればシドニーで格安の学校を見つけるのも良いでしょう。
食費 当然ですが、外食を控えれば控えるほど節約になります。
野菜や果物はマーケットに出かけ、水やソフトドリンクは冷蔵庫に冷えている物は非常に高いため、
冷蔵されていない常温の大きいサイズを買うようにして節約しましょう。一番安い食パンは$1ほどで買えるうえ、非常に薄切りではありますが、斤数が多いので朝食時の節約に役立ちます。
携帯電話 レンタル、プリペイド、どちらもありますが、自分にあったプランを選んで下さい。携帯電話の使いすぎで多額の請求を受けてしまう方もいます。

◎留学準備、現地の生活のもっと詳しい【留学節約術】をチェック!

オーストラリア学校情報

オーストラリア都市情報

ワーキングホリディとは

オーストラリアについて

留学前の準備

オーストラリア到着後

ワーキングホリデーで、出来る事!【体験編】

ワーキングホリデーで、出来る事!【娯楽編】

ワーホリ体験談