オーストラリアへお金を持って行く方法、お得な送金方法、キャッシュパスポートについて

オーストラリア留学

ワーキングホリデー、留学の相談、お問い合わせは
06-6704-5388
メールでのお問い合わせはこちら!迅速対応致します。

無料カウンセリング申し込みはこちら!

ホーム > お金を持って行く方法

カンガルー

オーストラリアへお金を持って行く方法

留学資金や生活費をどのように持って行くかを考えましょう!
方法によっては為替手数料が高くつきますし、換金手数料も変わってきます。
しっかりと理解して、自分に一番お得になる方法を探してください!

★お金を持って行く方法と特徴

現金 銀行口座開設までの生活費や、空港到着後すぐにお金が必要となる場合なども考えられるので、3~5万円程度を現金で持って行くのも良いです。
盗難や、なくした際の保証がないので、あまり大金を持って行くことはオススメしません。
クレジットカード クレジットカードは一番両替手数料が安くなっているので、銀行口座を開設するまでの間、できればクレジットカードを利用して下さい。 また、(PLUS)や(Cirrus)が裏面に記載されているカードであれば、現地のATMでオーストラリアドルで引き出せます。
オーストラリアでは、AMEX, JCBは使えないところが多いので、VISAかMASTERカードを持って行ってください。
ホテルの予約や、レンタカーを借りる際など、クレジットカードが必要となる事が多々出てきます。
渡豪時には必ずクレジットカードを持参するようにして下さい。
トラベラーズチェック 日本でオーストラリアドルのトラベラーズチェックを購入し、持ち込むことも可能です。
トラベラーズチェックは紛失してしまった時でも、記載されている番号を控えておけば全額戻ってきますので、 銀行口座開設までに少し多めの金額を持って行きたい場合には良い手段でしょう。
ですが、現地ではあまりトラベラーズチェックを利用できるお店はないため、基本的には銀行口座を開設した時に、現金化してその銀行に預け入れるのが普通です。
口座開設と共にトラベラーズチェックで入金すると手数料を取られない銀行もあります。
キャッシュカード シティバンクや新生銀行では海外のATMから直接現地通貨で引き落としができるキャッシュカードを発行しています。
現地ATMから引き落としを行う度に、日本の口座よりその時の為替レートに基づいて現金が引き出されます。
余分な金額まで両替しなくても良いため、非常に便利です。
為替手数料や引き出し手数料が発生する事もありますが、一枚持っていると安心です。
キャッシュパスポート キャッシュパスポートはTravelexが発行しているカードで、キャッシュカードとよく似ています。
キャッシュカードが日本の銀行口座から引き落としされるのに対し、キャッシュパスポートは自分のお金を、予めオーストラリアドルに両替し、キャッシュパスポート用に入金しておきます。
海外のATMで利用が可能で、入金した金額以上は引き出せないシステムになっています。
入金時に1%の入金手数料、また引き出し時にも手数料は発生します。
海外送金 現地で銀行口座を開設し、日本からオーストラリアドルを送金する方法です。
郵便局や銀行から送金が可能で、為替手数料や換金手数料は各機関によって違います。
少額の送金だと、送金金額に比べ手数料が高くなるので、高額の送金に適しています。
KVB利用による送金 KVBはニュージーランド、オーストラリアをはじめ世界4 カ国に6 拠点を展開する、国際金融機関です。
海外送金の際の手数料が約8000円前後かかりますので、少額の送金には向きませんが、送金額が増えるにつれてお得になります。

★KVB利用のメリット
・銀行や郵便局よりも有利な為替レートで送金できる。
・オーストラリアに銀行口座がなくても送金ができる。
・語学学校への振り込みにも対応。
・シドニー、メルボルンに店舗がある。
詳細はこちら、KVBサイトでご確認下さい。

オーストラリア学校情報

オーストラリア都市情報

ワーキングホリディとは

ワーホリ体験談

オーストラリアについて

留学前の準備

オーストラリア到着後

ワーキングホリデーで、出来る事!【体験編】

ワーキングホリデーで、出来る事!【娯楽編】