都市情報ケアンズ,気候、治安、仕事の探し方
ワーホリ留学センター サポート費用無料

ワーキングホリデー、留学の相談、お問い合わせは
06-6704-5388
メールでのお問い合わせはこちら!迅速対応致します。

無料カウンセリング申し込みはこちら!

ホーム > 都市情報ケアンズ

カンガルー

オーストラリア 都市情報 ケアンズ

ケアンズ都市

ケアンズはオーストラリアの北東部に位置し、ダイバーに人気のグレートバリアリーフが有名です。 都市部には「ラグーン」と呼ばれる街のシンボル的な無料の公共プールがあります。
ビーチや美しい海岸は、街から少し離れた場所に広がっています。
熱帯雨林(世界遺産)を訪ねる観光客も多く、太古の雰囲気を楽しんでいます。
近年、日本からの直行便の減少に伴い、日本人観光客は少なくなりましたが、 現在でも日本食レストランや、お土産屋などで日本語の表示をたくさん見ることができます。
他都市と比べると小さな街ですが、ダイビングをする方に非常に人気で、小規模ながらも街の中心部に必要なお店やサービスが密集しており 、不便なく生活ができ、年中温暖な気候はリラックスしたムードを感じさせてくれます。
また、アコモデーションは他都市と比べて安く、日系の会社も多いため仕事のチャンスは多いです。

気候

熱帯モンスーン気候のため年中温暖で、湿度はオーストラリアの中でもかなり高い方です。 雨季にはサイクロンが発生することも多くあります。 1年で最も寒い7月(最高気温平均25.7℃ 最低気温平均17.1℃)でも、日本の初夏の陽気です。 11月から5月は雨季になり、逆に6月から10月は乾季です。 スコールという集中豪雨が降ると、一瞬で道路が川が氾濫したかのように水で溢れます。 ですが、すぐに晴天となりびしょ濡れの服がすぐに乾くというようなこともあります。

ケアンズの語学学校

ケアンズは学校の数は多いとは言えませんが、人気のスキューバダイビングの体験や、 野外の体験アクティビティなどを実施しているなど、ケアンズの最大の魅力でもあるマリンスポーツを楽しめるように配慮された学校があります。 趣味やのんびりといた雰囲気の中で勉強したい方にオススメです。 また、語学学校の日本人比率も比較的高くなっています。

ケアンズの語学学校情報は←こちら

ケアンズの仕事情報

日本人が多く滞在していることもあり、日本語を使っての仕事も多いです。日本食レストランをはじめ、 観光業やサービス業(例えばツアーガイド、オプショナルツアースタッフ、お土産屋、免税店、ブライダル関係) など他都市に比べて幅広い職種の求人があります。

仕事の探し方

各エージェントの掲示板

ケアンズでは、各日系留学エージェントの無料掲示板に、求人やシェアハウスの情報が張り出されています。
「オーキットプラザ」(ショッピングモール)に日系のエージェントがたくさん入っており、多くの情報を見つける事ができます。 求人情報には、会社名、職種、勤務条件、連絡先などが掲載されており、まずは連絡を取り、面接の日時を決めてからの採用になります。 ほとんどの求人情報の端には、いつ出された求人かを示す日付が書かれています。最新の求人から連絡を取った方が効率が良いでしょう。

観光地情報

グレートバリアリーフ

一番人気の観光スポット!ケアンズと言えば、まっさきにグレートバリアリーフが思い浮かぶ方も多い思います。

2600kmを超える広大な地域に広がる世界最大のサンゴ礁地帯で、スキューバダイビングをする人には最高の場所です。

グレートバリアリーフ

熱帯雨林

ケアンズはその気候から熱帯雨林の生い茂っており、街の中心部でもその雰囲気を感じる事ができます。 世界最古とも言われ、はるか遠い恐竜が暮らしていた時代の植物が鑑賞できます。 キュランダトレイン、スカイレールなどを利用し、道中の景色を楽しみながら行きましょう。 熱帯雨林の入口にあるキュランダという小さな村も観光スポットとして人気です。

パロネラパーク

「天空の城ラピュタ」のモチーフになったという噂のある熱帯雨林の庭園です。 スペイン移民のホセ・パロネラが自らの夢の城として、約70年前に作ったことから この名前がつきました。 建設当時は地元の一大テーマパークとして賑った場所ですが、度重なる水害により一度は閉園まで追い込まれた事もありました。 現在は3代目のオーナーにより 復旧作業が施され、オーストラリア開拓時代の文化遺産としの地位を築いています。 ホセ パロネラが幼い頃から持っていた「お城の建設」という夢を成し遂げ たところから、「夢の結晶」を一目見ようと、 現在も沢山の人たちで賑っています。

パロネラパーク

危険地域

ケアンズ市内では、特別に危険な地域はありませんが、街中でアボリジニの人を見かけます。。 観光地で伝統行事等のデモンストレーションを行っているアボリジニの方もいますが、お昼からお酒を飲んでフラフラと歩いている方もおり、 集団のアボリジニに金品目的で襲われるという話があります。 特に、「ケアンズ・セントラルショッピングセンター」(略して「ケアセン」)裏手や、夜間の公園などを歩くことは極力控えて下さい。 特に被害報告の多い場所と言われています。

交通

ケアンズは小さな街ですので、ワーキングホリデーで滞在の生徒の多くは自転車がメインの移動手段となっています。 シェアハウスでは無料で自転車を貸してくれるところもあります。 少し離れた場所への移動はバスとなり、電車は観光用にキュランダ行きがあるのみです。

地域性

南国の気候でリラックスした雰囲気が溢れています。住人も大らかで、時間がゆっくりと流れているような錯覚を受けます。 日本人の永住者を含め比率は高い方で、その点安全な街であるため、初めての海外経験をされる方にはオススメです。

オーストラリア学校情報

オーストラリア都市情報

ワーキングホリディとは

ワーホリ体験談

オーストラリアについて

留学前の準備

オーストラリア到着後

ワーキングホリデーで、出来る事!【体験編】

ワーキングホリデーで、出来る事!【娯楽編】